家を見る

ただいま建築中

一覧に戻る

愛知県一宮市fk様邸

  • 2018.03.03

    IMG_20180303_093623

    蓄熱暖房機の床下の補強に入りました。暖房機は機械(ほぼレンガです)だけで力士2~3人分の重量があります。そこで大引から土台に渡してある小根太にちょうど暖房機の位置となるように鋼製束を増して取り付けました。

    こういった作業をするときに、この高基礎床下は絶大な威力を発揮します。


     

    2018.02.23

    IMG_20180223_090337 S0075039

    外構工事が終了。アプローチ周りもきれいに整えられました。コンクリートブロックで制作した門柱には照明、表札、ポスト、インターホンが据えられています。

    IMG_20180223_101444 IMG_20180223_102736

    旧家にあった蓄熱暖房機の移設工事。熱を発する機構は写真の右手前部分の回路のみですが、機械のほぼ9割を占める、蓄熱体となるレンガを運ぶのが一苦労です。h様に台車をお借りして隣の新家まで運びます。本日は今までの寒気が嘘のような陽気。とても上着は着ていられません。

    IMG_20180223_140102 IMG_20180223_152134

    無事、新家の一角に設置完了。ホワイトボードの足元に高さピッタリ納まりました。


     

    2018.02.16

    IMG_20180216_163702

    外部門柱を製作中。門灯、インターホン、ポスト、表札などを取り付ける予定です。コンクリートブロックで下地を造り、表面を綺麗に塗り仕上げをしています。ポストだけはすでに埋め込まれています。

    IMG_20180216_163736

    高低差があるので、内側は足元くらいの高さで受け取ることになるシステム。


     

    2018.02.12

    IMG_20180212_092939

    約2か月ぶりに工事再始動。今回は外構工事です。まずは古い門柱の撤去作業からスタート。

    IMG_20180212_152644

    重機の力もあり、夕方には跡形もなく撤去されました。


     

    2017.12.01

    S0524343

    IMG_20171201_102022 IMG_20171201_103754

    本日お引き渡しを行いました。現場監督により、取扱説明書その他図書や、各種設備のご説明をしています。

    無事に(少し残工事はありますが)お引き渡しでき、ひとまず安心です。

    k様にはご自宅が隣ということもあり、お打合せも滞りなくこなしていただき、現場としても非常に助かりました。まだまだ外構などの工事もありますが、まずは完成おめでとうございます。


     

    2017.11.29

    IMG_20171129_163824

    外皮の密閉度を測定する気密測定試験。またまたこんなバズーカ砲のような機械が登場しています。

    IMG_20171129_163353

    玄関手すり取り付け。段差があるような場所は手すりがあると楽に昇降できます。

    IMG_20171129_171924

    もう11月も終わり今年も師走の時期に差し掛かります。今回の工事もあとわずか。


     

    2017.11.22

    IMG_20171121_112511 IMG_20171121_084322

    養生をはがし、キレイにクリーニングをかけ、あとは細かい工事を残し、お引き渡しを待つばかりとなりました。


     

    2017.11.16

    IMG_20171116_085049

    設備機器の取り付け完了。

    IMG_20171116_085831

    IMG_20171116_085114

    建具の取り付けも完了しています。

    IMG_20171116_094738

    外構工事の打合せ中。

    外観、配置、高低差などを考慮に入れて検討中です。


     

    2017.11.10

    IMG_20171110_115654

    室内のクロス貼り工事が終了し、大工さんによって可動棚の棚板が設置されました。

    IMG_20171110_102627

    一部屋だけ壁をしっくい塗にしている部屋があります。中塗りが乾いたので仕上げ塗を施していきます。

    IMG_20171110_115144

    左官屋さんは同時に外部ポーチのタイル貼りも行います。タイルの目地が綺麗に揃うように墨出しをしています。


     

    2017.11.02

    IMG_20171102_120223

    クロス下地パテ処理。工事も大詰めを迎えています。

    IMG_20171102_120256

    IMG_20171102_120029


     

    2017.10.23

    IMG_20171023_142418

    キッチンの据え付け工事が終わりました。

    今回のキッチンは新たに注文したものではなく、旧家で10年来使用されていたものを移設しました。

    長年使い慣れたもので、きれいに手入れもされていましたので、採用されました。

    IMG_20171023_160150

    キッチン外部の換気扇の機械。福岡県にあるメーカーの物を取り寄せています。

    IMG_20171023_160210

    換気扇の吸い込み口は壁付けのこれだけ。


     

    2017.10.19

    IMG_20171019_105921

    家具、棚を作成中。この棚は棟梁の造作工事で造りました。


     

    2017.10.15

    IMG_20171014_132137

    造作工事もあとひといき。

    IMG_20171014_132100


     

    2017.10.10

    IMG_20171010_085703

    内部造作が進み、部屋の中は材料がいっぱいです。

    IMG_20171010_085719

    今回は内部の壁に腰板を採用。クロス一辺倒の内壁に対してちょっとした変化をつけることができます。

    IMG_20171010_102716

    お打合せも大詰め、内部建具や家具工事の仕様を取り決めるお打合せです。1階は棟梁が仕事をしていますので、すでに造作が終わった2階で店を広げて打合せを行います。


     

    2017.10.05

    IMG_20171005_140543

    給湯器「エコキュート」を設置する部分の犬走をコンクリートで打設しています。

    IMG_20171005_143902

    内装下地材の石膏ボードが大量に搬入されました。ここまでくると内部造作もあと少し、という感じがします。

    IMG_20171005_142917


     

    2017.09.27

    IMG_20170927_142202

    外部にバルコニーを施工。今回はアルミバルコニーを採用しています。

    シャンパンゴールドの外壁色になぜかマッチして見えます。

    IMG_20170927_133826

    内部造作工事もだんだんと進んでいます。

    IMG_20170927_133902


     

    2017.09.14

    IMG_20170914_091124

    現場にてお打合せ、仕上げ材や、設備の色などを決めていきます。

    仕上り、見た目に直接かかわる部分ですので、お施主様にとってはここが一番の迷いどころです。

    IMG_20170914_091205

    内装下地ができてきますと、いよいよ部屋らしくなってきます。

    IMG_20170914_092113

    窓枠の加工、留め切りを施しています。ほとんどの人が気付かないような部分も今回は手をかけています。

    ※留め切り:角度のついた材料同士をその角度の二等分線上にカットして継ぎ合わせる工法。写真の場合は90°なので留めは45°となります。

    これに対してどちらかの材料を伸ばしておく納まりもあります。

    IMG_20170914_130451[1]

    この写真の場合はタテ枠の方が伸びているので『タテ勝ちの納まり』と呼びます。


     

    2017.09.07

    IMG_20170907_125533

    棚などの造作材加工のため、棟梁がしばらく留守にしておりましたが、加工も完了し、現場再開しています。

    IMG_20170907_125543

    加工してきた材料を現場に持ち込み、次々と取り付けていきます。


     

    2017.08.21

     IMG_20170821_105709 IMG_20170821_105757

    階段がかかりました。今回は折り返し階段ですが、ゆったりとした一帖大の踊り場があり、昇降も比較的楽です。

    IMG_20170821_105722

    踊り場の下部はもちろん収納に活用。小型の冷凍庫が入る予定です。

    IMG_20170821_105803

    2階フローリング張工事。今回は(毎回?)パインのフローリングを使用。

    柔らかく足触りの良い床板です。床板の下には石膏ボードを敷設。下階への音を軽減します。


     

    2017.08.11

    IMG_20170811_143204

    お盆休みもそろそろ始まる本日足場の解体作業が行われました。

    IMG_20170811_145526

    画像では伝わりにくいかと思いますが、夕方ながら大変蒸し暑い気候です。(この撮影の後、すさまじい勢いで夕立がありましたが。)職人さんも空調服に身を包み、汗だくで作業しています。

    ※空調服:冬場のジャンパーのような上着の腰のあたりにファンが付いており、そこから上着の中に風を通して涼を得るスグレモノ。

    IMG_20170811_143708

    内部では天井裏配管工事が完了。天井裏空間が小さいため、計画的な配管が必要です。

    IMG_20170811_143809

    2階用ユニットバスの設置も完了です。


     

    2017.07.31

    IMG_20170731_115238

    外壁板金工事。この時期はホントに見てるだけで暑い(熱い)です。

    IMG_20170731_115428

    小屋裏には棟札が納められました。

    IMG_20170731_115515

    あと少し断熱工事を頑張れば2階もちょっとは涼しく作業ができそうです。


     

    2017.07.27

    IMG_20170727_104703

    2階へ納めるユニットバスを支えるフレームを1階から見たところ。

    お湯を張るとかなりの重量になるユニットバスをこういった鉄のフレームで支えるのです。

    IMG_20170727_110823

    内部は断熱材工事が大半出来上がってきています。

    IMG_20170727_112443

    断熱材の上からシートを張り、テーピング。このようにして住宅の断熱性、気密性を確保します。

    IMG_20170727_111341

    外部の庇もできてきました。

    IMG_20170727_115608

    内部電気配線工事。毎度の事ですが、筆者が図面を引く場合は空間のプロポーションに落ち着きを持たせたいので、階高や天井高さを抑え気味にするため、配線、配管スペースを確保するのに注意が必要です。そのあたり、職人さんの腕の見せ所でもあるのですが。


     

    2017.07.19

    IMG_20170719_165653

    給排水管の配管工事中。構造体高さ寸法を低めに抑えていますので、配管経路も配慮が必要です。

    IMG_20170719_165700

    地獄の窯のフタが開いたような今日の暑さ、工事用扇風機もフル稼働です。

    IMG_20170719_162559

    k様愛着のある家具の扉をどこかに使いたいとのことでしたが、果たして・・・?


     

    2017.07.13

    IMG_20170713_153031

    屋根工事完了。職人さんには焼けるような暑さの中、作業をしてもらいました。

    IMG_20170713_085529

    断熱材グラスウールが搬入されました。これを壁に充填していく作業も大変な暑さだな、と思うと本当に棟梁ご苦労様です。しかしこれが後の住宅内の快適さにつながると考えると、苦労のする甲斐もあるというものです。

    IMG_20170713_102002

    本日は棟梁は別の現場への応援に出かけていますので、現場内で電気配線打合せを行いました。k様にも暑い中大変ご苦労をかけております。

    鬼のいぬ間の洗濯、棟梁のいぬ間の現場打合せ、です。


     

    2017.07.10

    IMG_20170710_155811

    ある一定の決められた寸法通り合板を釘で下地に留めつけていく作業。

    地道で根気の要る仕事ですが、これによって地震に対応する強度が得られます。

    IMG_20170710_155600

    小屋を見上げた時の架構の美しさ。

    普段は梁の上端にそろえて合板を打ちつけ、地震等の水平力に対する強度を出す構造とするため、このような状態は見られないのですが、今回は火打梁(写真中央に4本ほど見られる斜めの材料です)を使用しているために見ることができます。


     

    2017.07.07

    IMG_20170707_132424

    梅雨の間の好天に恵まれた本日、上棟が行われました。

    九州福岡では記録的な豪雨だったそうですが、この近辺はまさに真夏の快晴の日射しです。

    IMG_20170707_132557

    屋内へ入れば日陰になるので多少は涼しくなります。

    IMG_20170707_133426

    屋根の上ではまだまだ暑い日射しが降り注いでいます。

    熱中症にはお気を付けください。

    IMG_20170707_140532

    床下の空間。かなり背高く造ってありますので少し背を屈めるだけで通行することができます。

    IMG_20170707_164536

    上から見ると、王の墓所へと繋がる地下迷宮の入り口のような雰囲気です。

    IMG_20170707_155754

    ミノワの誇る若手三人衆も汗だくで頑張っています。

    IMG_20170707_173216

    こちらは現場に現れた野良猫三人衆(三匹衆?)人を怖がらずに寄ってきます。

    IMG_20170707_172423

    上棟式、皆さん今日も暑い中お疲れ様でした。


     

    2017.06.26

    IMG_20170626_145050

    基礎の型枠が外されました。

    人物と比較して、その基礎の大きさが分かります。

    IMG_20170626_144741

    内部に入るには脚立が必要。


     

    2017.06.20

    IMG_20170620_094113

    別宅の電気メーター移設工事。明日から本格的な梅雨に入るとみられますが、今日はまだまだ暑い中作業を行っています。

    IMG_20170620_094850

    IMG_20170620_094907

    新築部分の基礎型枠。かなりの背の高さです。

    ふた昔前に流行った、巨大迷路のような様相です。


     

    2017.06.13

    IMG_20170613_141412

    基礎コンクリートの配筋検査にやってきました。

    今回は基礎の高さを普段より高くしています。結果、この威容。中に入るのも一苦労です。

    IMG_20170613_140650

    内部から見るとこんな感じ。これだけ鉄筋が整然と並んでいると、綺麗に見えます。


     

    2017.06.05

    IMG_20170605_140641

    基礎工事スタート。まずは丁張りを行うため建物周囲に木杭を打ちつけていきます。

    IMG_20170605_142025

    今回は少し背の高い基礎になるので、足りない長さを付け足し。

    IMG_20170605_154915

    ぐるり周囲が囲えたら、建物の壁の芯にあたる部分に水糸を張ります。

    これで建物の正確な位置を出す事ができるのです。


     

    2017.05.31

    IMG_20170530_141345

    外壁の板金補修もきれいに仕上がりました。

    IMG_20170530_141357

    k様の古工場が解体されスペースが空いた事で、お隣様もk様に場所を借りて、自身の工場の外壁を補修されました。

    IMG_20170406_133045

    補修前は外壁にも錆が浮いたりしていましたが、これですっきり。

    IMG_20170530_141811

    新築部分の地盤は調査の結果軟弱でしたので、地盤改良を行いました。

    IMG_20170530_141805

    今回は『エコジオ工法』という砕石杭工法を採用。

    その名の通りセメントミルク柱状改良に比べ、砕石を使うことによって『エコ』な改良をすることができます。

    ※セメントミルク改良:地中にコンクリートの柱を埋め込む柱状改良工法。数十年後住宅が解体された後にも地中にコンクリート柱が残ってしまうことが課題とされています。


     

    2017.05.02

    IMG_20170502_101122

    外壁補修工事スタート。

    まずはのこぎり屋根形状に合わせて張られていた母屋の外壁板金を撤去します。


     

    2017.04.14

    IMG_20170414_090154

    古い建物がキレイに解体されました。

    主屋に接近していた部分は外壁がそのままの形で残っています。この後、外壁の補修工事に入ります。

    IMG_20170414_093550

    こちらの現場では境界のブロック積み工事の真っ最中。

    IMG_20170414_095543

    一段ずつモルタルをのせてブロックを積んで、モルタルをのせてブロックを積んで・・・ずっと中腰なので、腰を痛めそうです。

    IMG_20170414_105800

    k様(左)も見守る中、地盤調査を行っています。今回は深さ1.5mまで掘り返しているので、そこまでは軟弱地盤であることが予想されます。

    改良工事が必要になりそうですね。


     

    2017.04.06

    IMG_20170406_133029

    小屋組が激しく崩壊していた部分を撤去。ひとまず目の前の危機は去った感があります。

    IMG_20170406_112331

    新築部分の地盤を掘り返しています。

    IMG_20170406_120226

    6割方掘り返したところでこれだけのコンクリートガラが出土しました。

    20数年前の埋め立ての業者は嵩を増すためにこういったものを埋めてたんですな・・・


     

    2017.04.04

    IMG_20170404_154012

    構造が崩れている部分の瓦を取り除きました。これで重量が減りましたので、少なくともあと数日は崩壊する可能性はなくなりました。


     

    2017.04.03

    IMG_20170403_141301

    屋根瓦と下地の板が取り払われ、トラス構造の小屋組が現れました。

    ※トラス:垂直部材と水平部材で構成される和小屋組に対して、斜材を取り入れて主材料で三角形を形作るように組まれた構造の事を言います。四角形に対し変形しにくく、比較的長い柱間を持たせることができるのが特徴です。

    DSC_2672

    こちらが和小屋。

    IMG_20170403_141805

    ところどころ構造が腐朽して崩壊している部分があり、危険な状態が分かります。

    IMG_20170403_143940

    新築の方も工事スタート。まずは既存のブロックなどを解体します。イ○バ物置は別の場所に移動する予定です。


     

    2017.04.01

    IMG_20170401_101737

    建物の中の土壁を落とす作業。外まで土煙が立ち込めています。

    IMG_20170401_101744

    土壁に使用されていた小舞の竹。造るのは手間暇がかかりますが、壊す時は一瞬だなあ・・と儚い気持ちになります。


     

     

    2017.03.30

    IMG_20170330_133645

    一部鉄骨造の部分の解体が進んでいます。屋根をめくるとずいぶんと明るくなりました。

    IMG_20170330_140114

    鉄骨の解体はガスバーナーによる切断。落ちないようにクレーンで吊りながらの作業です。夏場にはあまりお目にかかりたくない工事ですな。


     

    2017.03.28

    IMG_20170328_104654

    新築に先駆けて(?)現場から少し離れた場所にあるご実家の建物の解体工事がスタートしました。

    住宅の隣に古い機織りの工場があり、老朽化のため解体工事をすることになりました。

    IMG_20170328_105747

    既に構造の一部が崩壊し、今にも屋根が落ちそうになっています。

    お隣さんも近いため、慎重な作業が求められます。

    IMG_20170328_110008

    IMG_20170328_105802


     

    2017.03.27

    IMG_20160420_141856

    一宮市において新たに住宅工事がスタートします。

    今はもうお仕事を退職されたご夫婦と猫のための住宅となります。

    比較的広大な敷地の一角に現在の住居は建っていますが、その隣に新たに建築します。

    南東

    完全に総二階建ての住居。近隣では大雨の時に随分浸水した過去があるとのことで、今回はコンクリート基礎を少し高めにしています。

    個室