家づくりブログ

22/03/20

関市hw様邸 完成見学会 ご来場ありがとうございました

  •    

    昨日から2日間、3月第2弾の完成見学会を開催いたしました👏桜やたんぽぽがちらほら咲き始めましたが、「暑さ寒さも彼岸まで」お天気は良いものの風はまだ肌寒い陽気で、今回はしっかりとミノワの家の暖かさを体感していただく事ができました👍関市という事で多くの方が遠方よりご参加いただき、ありがとうございました。

    あれ?また見学会あったの?HPとインスタ見逃したわ~💦なんていう方に、少しw様邸の紹介をしたいと思います。

    今回は、社員大工w邉棟梁のお宅です。断熱は、充填断熱120㎜、付加断熱55㎜、サッシは樹脂サッシ。UA値0.35w/㎡・kの住宅です。付加断熱は、いわゆる外断熱です。関市は地域区分6ですが、6の中でも比較的寒いエリア。w邉棟梁も、いろんな現場で付加断熱の良さを体感し、付加断熱は絶対にしたいと選択されました。外壁はガルバリュウム鋼板、屋根は瓦とメンテナンス周期が長い物を選ばれています。職人さんならではの選択ですね。でもガチガチにメンテナンスの事ばかりを考えると味気ない家になってしまうので、玄関廻りや軒裏は杉板を張り、アクセントになっています👍

     

    玄関の横にはシューズクローク。シューズクロークにはコートを掛ける事が出来るスペースもあり、これは非常に便利です。花粉症の方は花粉を室内に持ち込むことがなく、ここでシャットアウトできますね👍シューズクロークの後ろには、外から使える外部収納もあります。大工道具やタイヤ、w邉棟梁が最近はまっている釣り道具などのアウトドア用品も入れておくことができます。

     

    勾配天井とロフト風の2階が印象的なリビングです。床材はナラ材を使用しています。

      

    リビングの横に和室を設けています。今回はフラットな和室。棟梁のご両親もたまに会いに来て泊まられたりするんでしょうね。広めの和室なので、年を取って2階に上がるのが大変になったらここを寝室にもできそうです👍

     

      

    ダイニングの近くには、今注目の3畳のファミリークローク。その奥に洗面、トイレと続きます。洗面を通り過ぎるとキッチンにもつながる3畳の脱衣室。家事動線もいい感じです👍

      

    階段を上ると吹き抜けに面したスタディ―コーナー。勉強熱心な奥様のスペースだそうです。

     

    今回、熱交換器付換気扇はダクトレスを採用されました。昨日のような日差しが少ない日や、日当たりの悪い家、夜などは、太陽の恵み(日射取得)による自然の暖房が無いので、熱交換器が付いていると換気による冷暖房の負荷が低減でき、暖かさを持続させる事が可能です。冷暖房の負荷低減できたとしても、光熱費がお値打ちになるわけではないのですが、快適性を重視される方にはお勧めです。

    w邉棟梁、奥様、棟梁が3月末完成を目指して夜遅くまで工事をされて、一日でも早くご入居されたいところ、見学させていただき本当にありがとうございました。お子様も計画当初からすっかり大きくなり、4月の入園式も楽しみですね。あ!同僚として新築祝いをお渡ししなければ💦何にしようかなぁ~