社長ブログ

17/09/21

幸田町の住宅の性能

  • 服部様グラフ (005) 服部様グラフ2(007)服部様2 (007)

    9月、2~3日の見学会には、DMとホームペ-ジだけの開催にも拘わらず、多くの方が参加して下さいまして、有難う御座いました。さてお施主様のご理解とご協力を戴きまして、この住宅の性能についての説明をさせて戴きます。
    上の写真はすべてお施主様が撮られて、送って下さった写真です。左上の写真は、熱交換換気扇とエアコン1台を、二日前に運転させて出て来た数値です。温度25℃で湿度50%となっており、とても快適な(少し寒い)環境になっております。右上の写真は、エアコンも換気扇も運転を止め、しばらく様子を見た写真です。湿度は高くなっていますが、温度は約50℃を示しており、ほぼ安定をしております。通常では考えられない様な数値で、見学された方は皆さん感動してみえました。
    ではなぜ是ほど優れているかと言いますと、まず屋根裏の断熱材は高性能グラスウ-ル@300mmで、壁は同じく@225mm、基礎の立ち上がりは内と外に其々スチレンボ-ド@50mm・防蟻材混入スチレンボ-ド@75mmを貼付て、基礎下面にもスチレンボ-ド@50mmを敷き込みました。開口部は樹脂サッシュで、掃き出しのガラスはトリプルとしました。下の室内写真は、開口部に取り付けてある断熱カ-テンです。以上のようにしっかりとした、断熱施工を施した住宅の性能は、UA値0.279と、北海道基準(0.46)をも上回る数値になり、写真のような素晴らしい結果が出てきます。この住宅で頭の痛いのは、如何しても初期投資に予算が掛かる事ですが、一年中快適に生活が出来、尚且つランニングコストが少なくて済む生活を実現させる為の、投資と考えて頂ければと思います。